Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by テレマルシェ 須内 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きまくりの日

Posted by テレマルシェ 須内 on 19.2015 未分類 0 comments 0 trackback
昨日の雨はあがったものの今日はどんよりした曇り。
ちょっとジメジメ。なかなか過ごしにくい感じで朝を迎えました。

今日は火曜日。
先週、池袋のプレ幼稚園に初登園した娘が2回目の登園の日。
先週のデビューは、本人もまさかママと一緒に居れないなんて分からなかったので、最初こそ良かったものの途中から思い出して大泣き。
そして今日は、ママと別れるタイミングで怒涛の大泣き。

でも、笑顔で行ってらっしゃいするのが最も良いらしいので、ぐっと我慢して笑顔で見送ったようです。
僕は池袋までは一緒なものの、笑顔で行ってらっしゃいの自信がなく、入口までは行かず…。

どうやらなぜか今日は娘は朝5時に起きたらしく、そこからご機嫌に遊んでいたので、まさかのプレ幼稚園&早起きで、途中、眠くなってグズるんじゃないかと心配していましたが、登園開始の大泣きを除いては、先週より少し慣れてくれたようで、安心しました。

ま、今までずっとママと一緒だったし、泣くのは当然。これも愛情表現だし。
僕なんて、小学校の入学式でも泣いてたらしいし。。。

娘がプレ幼稚園でみんなと楽しく遊んでいる事を信じて、僕は仕事。
今日は原稿を作る日でした。
これまで溜まっていた色々な原稿をせっせとせっせと書き、少しでも新たな商材を投入していかなければいけません。

新聞の原稿って、しかも通販なので、いわゆる原稿でいかにお客様に「欲しい!」と思って頂けるかが全てになります。テレマルシェの扱っている商品はリピート系や、定期性のある商品ではなく、その掲載でいかに採算分岐点を超えて利益に変えるかにかかっているので、作るほうとしては、なかなかのプレッシャーです。

もう10年以上やっているので、何となくは掴めているんですが、やはり今以上のものを追い求めます。
「あー、今日は降りてこない…。」なんて格好良い事を言ったりしていますが、最近、降りてこないと感じる商品は、やっても売れない商品なのかな?とか考えてしまいます。

これって、まさに、ドの付くほどの主観です。
とても良くない傾向。
ド主観でもあり、悪い意味での慣れでもあります。

様々な商品を扱っているとはいえ、広くは同じようなカテゴリーなので、どうしても新たな商品を投入しても、これまで掲載したものとの近しい見方をしてしまいます。

そういう原稿は作る日時こそ新しいものの内容は古くなってしまいます。
意味のない原稿&時間の無駄です。だって、折角原稿作っても、中身が古いんだったら、前の原稿をリライトしたほうが時短になるし。

だから、原稿は常に新鮮でなければいけないと思っています。
それは自分が新鮮と感じる原稿ではなく、お客様が新鮮と感じる原稿にすることです。
長年やってきたからといって分かりきった事を省くんではなく、逆にそこを原稿に入れ込むようにしています。

作った原稿を読んだら、いやいや、こんな事、分かってるでしょ…。と思えるポイントを数か所でも入れる事で、逆にお客様にも優しく新鮮な原稿になると、最近、とても思います。

まあ、それはそれで文字制限もあるし難しい事なんですが、極力、そこにポイントを置いて書いています。

で、なんだかんだ原稿作って目はシパシパ。指キシキシ。
自分はデスクワークに向いていないのは百も承知なんですが、今日は会社に籠って頑張りました。

まだ出来ていないのもたくさんあるので、明日も引き続き書きまくりの日です。
スポンサーサイト


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://telemarche.blog117.fc2.com/tb.php/756-3a90dab4

プロフィール

テレマルシェ 須内

Author:テレマルシェ 須内
テレマルシェ 通販日記♪
株式会社テレマルシェ 代表取締役 須内直人(34歳)です。(愛媛県松山市出身♪)
テレマルシェは、新聞通販を始め、テレビ局への通販商品卸や、インターネットショッピングの運営、その他、メディア系の企画・運営をやってます。
テレマルシェの社訓は「Your Last Bastion!」、お得意先が、どこの会社に依頼しても無理だったことを、テレマルシェなら実現に向けて進めます。
だから、テレマルシェは、あなたの「最後の砦」なんです。社員一同、全ての方からの無理・無茶を心からお待ちしています。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。