Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by テレマルシェ 須内 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球と営業

Posted by テレマルシェ 須内 on 05.2011 未分類 0 comments 0 trackback
僕は、野球の事は全く分かりませんが、営業をプロ野球に例えて考えるようにしています。

プロ野球に比べたら、営業って簡単なものだと感じる事ができます。

全くの自論ですが…

テレマルシェにも、たくさんのお取引先があり、営業する時間は相当に大切だと思いますが、
むしろ、営業に行く前が一番大事だと思っています。

プロ野球で言うと、バッターボックスに立って、バットを構える時、初球から何が来るか分かりません。
ストレートなのか、カーブなのか、フォークなのか、速球なのか、スローボールなのか、もしかしたら
消える魔球とかかもしれません。
その球を打ち返すというのは素人考えで、すごい難しい事だと思ってしまいます。

営業の場合、結構、球種って事前に分かるもので、商談する前に、どんな商品を探しているのか、価格帯は
どれくらいのものを欲しているのか、売れる商品、決まりそうな商品は何か、という事を事前に連絡を
取って確認して、その条件に合った商品を企画して持っていけば良いんだろうと思っています。

もちろん、こちらから情報発信型の商品を提案する事も大事ですが、やはり、提案先の求めるものを事前に
見極めるべく、その連絡を欠かさない事は、営業の効率を上げるためにも重要だと思っています。

野球に例えると、どんな球が来るかが、事前に分かっておけば、容易に打ち返す事が出来て、出塁率は
10割という事になります。

そこから無事ホームベースを踏めるかどうかは、提案先のそこからの流れによってしまいますが、少なくとも
どんな球が来るのか分からずにバットを構えて、2ストライク3ボールくらいまで粘って、結局、見逃し三振と
いうような事は避けられるかな、と。

野球だと八百長になってしまいますが、営業だと、事前に投げる球を聞いておけば、打てる。

そういう意味で、プロ野球より営業は簡単かなと思っています。

最近は特にそうですが、とにかくメールを送って、返答を待っている人が多い…。
メールを送って仕事が終わったと思っているのか、電話をしづらいのか、メールじゃなきゃ進まないくらい
仕事がたまっているのか分かりませんが、闇雲にメールに頼る事には疑問を感じてしまいます。

とにかく投げる球種を聞いて、それをキッチリ打ち返せる準備をしなければ、営業の効率もお互いに悪く
なると思います。

そういう僕は、球種を事前に確認して、レベル1並みのゆるいストレートど真ん中、と聞いていても
思いっきり空振りする事もありますが(>-<)>>>

テレマルシェはメーカーではないので、売るものやジャンルに限りはありません。
そして人数も少ないので、効率良い営業が大事です。

とにかく出塁する事。

バッターボックスで、どんな球が来るか不安に思うより、バッターボックスに立って、事前に教わった球種を
カキーンと、ジャストミートさせて出塁する事。

ただ、営業の場合、絶対にホームランはありません。自分で商品の決定は出来ないので。

でも三振したら、次の回までバットは振れないので、とにかく出塁して、その後、出来ればホームベースまで
一気に駆け抜けたいものです。

そんな風にテレマルシェも全員が考えて動けるよう、これからも未熟ながら、日々、精進あるのみです!
スポンサーサイト


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://telemarche.blog117.fc2.com/tb.php/336-b0b8c62b

プロフィール

テレマルシェ 須内

Author:テレマルシェ 須内
テレマルシェ 通販日記♪
株式会社テレマルシェ 代表取締役 須内直人(34歳)です。(愛媛県松山市出身♪)
テレマルシェは、新聞通販を始め、テレビ局への通販商品卸や、インターネットショッピングの運営、その他、メディア系の企画・運営をやってます。
テレマルシェの社訓は「Your Last Bastion!」、お得意先が、どこの会社に依頼しても無理だったことを、テレマルシェなら実現に向けて進めます。
だから、テレマルシェは、あなたの「最後の砦」なんです。社員一同、全ての方からの無理・無茶を心からお待ちしています。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。