Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by テレマルシェ 須内 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

願いごと

Posted by テレマルシェ 須内 on 01.2011 未分類 0 comments 0 trackback
やわらかい風に吹かれて
つぼみも ゆらり眠る
おやすみ 小さな吐息に
静かに頬を寄せる

いつでもすぐそばにいるよ
やさしいその寝顔に
溢れるような幸せが 注ぐように願いながら…

やわらかい月の光に
小鳥も ゆらり眠る
おやすみ 小さな手のひら
静かに包み込んで

いつでもすぐそばにいるよ
優しいその心に
溢れるような温もりが 絶えぬように願いながら…

優しくこの地球な中で 生きるように願いながら…


この曲は、先日のおばあちゃんとの最後のお別れの時に流れていた曲。
お葬式の後、兄がこの曲の事を聞いてきて、私も分からなかったので、須内兄弟専属調査員である妹に
調べてもらって、やっと昨日、分かったらしく、教えてくれた。

すでに分かった後に、母ちゃんも連絡して教えてくれた。

すごく心に響いた曲です。

もともとはスコットランドの民謡ですが、各国で色々な歌詞が付けられ、歌われているようです。

お別れをする時、みんなで涙し、花をたくさん添えて送った時に流れていた曲。

多分、一生忘れられない1曲になると思います。



そう言えば、私は、ばあちゃんに叱られた事が無い。

それは、孫である私たち兄弟5人みんなそうだ。

でも、ばあちゃんが、うちの母ちゃんを叱っているのは、昔、見た事がある。

そして、うちの母ちゃんは、弟の子供である孫に叱らない。

当然の事だけど、親は子供の事を叱る。

でもそれは、子供への愛情があるが故の事。

もちろん私も母ちゃんに叱られた事はある。

でも、母ちゃんは、私に子供が出来たら、その子を叱らないと思う。

母の愛情は厳しさであり、祖母の愛情は優しさ。

これが、私に子供が出来て、またその子供ができて、またまたその子供が出来ても、受け継がれて
いく家族の在り方かも知れない。

母にとって子供は、お腹を痛めて産んだ自分の一部だから、どんな反抗期があろうと、親元から離れようと、
大ゲンカしても、最終的には子を絶対に見捨てない強さがあり、
祖母にとって孫は、自分の子供が産んだ子であるから、その優しさの全てを注ぎたいものなのかな、と。

そう考えると、自分自身、もっと広い心を持たなければ、と思ってしまう。

まだまだ未熟。

まだまだ母や祖母の心の広さや強さに到底、及ばない。

でも、自分がそうなりたいと思える存在が身近に2人もいることが、これからの人生、くじけずに踏ん張れる
大きな力になる。そう思えます。

「願いごと」を聞きながら、強く優しく、そして元気に生きていこうと思っています!
スポンサーサイト


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://telemarche.blog117.fc2.com/tb.php/201-45c9e9fc

プロフィール

テレマルシェ 須内

Author:テレマルシェ 須内
テレマルシェ 通販日記♪
株式会社テレマルシェ 代表取締役 須内直人(34歳)です。(愛媛県松山市出身♪)
テレマルシェは、新聞通販を始め、テレビ局への通販商品卸や、インターネットショッピングの運営、その他、メディア系の企画・運営をやってます。
テレマルシェの社訓は「Your Last Bastion!」、お得意先が、どこの会社に依頼しても無理だったことを、テレマルシェなら実現に向けて進めます。
だから、テレマルシェは、あなたの「最後の砦」なんです。社員一同、全ての方からの無理・無茶を心からお待ちしています。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。